カテゴリ:ステラのまほう…というか、私事 晴れ 占い=教皇の逆位置 STAGE.14

昨日、ふと思い立って、「star cluster」って検索かけてみたんですよ。
そしたら、この単語、マジで実際にある単語だったんですよ。

「星団。 お互いの重力によってつくられた恒星の集団。」とかいう意味らしいです。
命名した後に気づく形となりましたが、コレ、創作サークルにピッタリのネーミングなんですよね。

まず、恒星とは、自ら光を放つ星のことですよね。

絵なり音楽なりゲームなり、それぞれが、自らの発想・創意・工夫によって、それまで世界になかったものを生み出す。
つまり、「それぞれが、自分にしか生み出せない光を放ってる。」ということになります。

次のポイントは、“お互いの重力によってつくられた”って部分です。
創作の世界を歩むということは、必ず、そこにしかない出逢いというものがあります。

何かのイベントに参加した時、隣のスペースと話したり、一般参加の人達と交流したり。
さらに、サークル活動を続けてくうちに、新メンバー・新しい仲間が増えていったり。

創作活動を通じて生まれたそれぞれの重力が、お互いを引き寄せあう。
こうやって繋がってく世界も、あるんだと思います。

今思うと、自分が『ステラのまほう』と出逢えたのも、そんな重力に、知らぬ間に引き寄せられたからだったのかもしれません。
考えてみると、star clusterって単語、『ステラのまほう』のテーマ的にも、ピッタリですよね。